誰でも簡単に使えるの?webサイト翻訳の使い方を知っておこう

コピペだけで簡単に翻訳することが可能

インターネットの世界は非常にグローバルで、海外のサイトも見ようと思えば簡単に閲覧することが出来ます。ただ、日本人は英語が苦手と言われており、更に英語以外の言語はちんぷんかんぷんという方も多いです。そこで役立つサービスがWEBサイト翻訳です。WEBサイト翻訳サービスはサイトやアプリによって使い方は異なりますが、WEB上で行えるタイプは、大抵翻訳したいサイトのURLをコピーし、翻訳サービスサイトの貼り付け欄に貼り付けて翻訳ボタンを押すだけと簡単な仕組みになっています。URLの他には、特定の文章をコピーして貼り付けると自動的に翻訳してくれる場合もあります。パソコンの初歩的なスキル、コピペが出来れば誰でも簡単に翻訳できるので海外のサイトを見る時に使ってみましょう。

WEBブラウザによってはワンクリックで翻訳可能な場合も

WEB翻訳サービスの中には、WEBブラウザの機能として海外のサイトを開くと、自動的に「翻訳」のポップアップが表示されて、ワンクリックで開いているページを全て翻訳できるものもあります。一々URLをコピペする必要が無いのが魅力です。頻繁に翻訳を利用したい方は、自動翻訳機能がついているWEBブラウザを使ってみるのもおすすめです。このように、現在のWEBサイト翻訳の敷居は非常に低いので、使い方を覚えて海外のサイトを楽しみましょう。ちなみに、これらのWEBサイト翻訳サービスは無料で提供されているものが多いです。無料で使えるだけではなく、中には音声読み上げ機能が付いているサービスが使えたり、拡張機能が付いていたりするので外国語の勉強にも使うことが出来ます。