どんな場面で使うと便利?webサイト翻訳の賢い使い方とは

世界各地の人々とのコミュニケーションに利用

さまざまなSNSツールが存在する現代では、メールやチャットをはじめ、写真やコメントを投稿するなど、世界中の人々と気軽にコミュニケーションをとることができます。しかし、相手の言語を理解できなかったり、自分の伝えたいことをうまく翻訳できなかったりする場面も多々あることでしょう。そんなときにwebサイト翻訳を使えば、打ち込んだテキストやアップロードしたファイルをもとに、指定した言語へと瞬時に翻訳してくれるのです。webサイト翻訳によっても異なりますが、英語はもちろん、中国語や韓国語、フランス語、スペイン語など、世界各国の言語に対応しています。無料で使用できるものもあり、気軽に取り入れやすい点もメリットといえます。

Webサイトを外国語対応にする

webサイト翻訳には、Webページ全体を読み込んで多言語に翻訳するタイプもあります。既存のWebサイトを外国語対応にしたい場合、それぞれの言語ごとに新たなWebサイトを作成するとなると、かなりの費用を要しますよね。加えて、ベースとなる日本語サイトを更新するたびに、外国語サイトもそれぞれ更新する必要が出てきます。webサイト翻訳なら、ベースの日本語サイトにツールを埋め込むだけで、外国語対応のサイトに生まれ変わるのです。新たに外国語サイトを作成する必要はなく、更新時も日本語サイトのみの対応で済みます。これからグローバルな展開を計画している企業や個人にとって、webサイト翻訳の導入はコストを大きく抑えられるという利点があります。